特定不妊治療費等助成制度(平成26年度から)

[概要]

医療保険が適用されず、治療費が高額である体外受精及び顕微授精を受けているご夫婦に対し、特定不妊治療費の助成を行います。将来的負担を軽減することで、不妊治療の機会を拡大することを目的とします。

[支給内容]

島根県が費用助成を行った後の自己負担に対して差額分を全額助成
<対象になる治療>
・対外受精
・顕微授精
※医師の診断書等の文書料は対象になりません。
<助成期間>
島根県の助成期間・回数に準じます。

[対象者]

次の要件を全て満たすご夫婦
・戸籍上婚姻関係にあること
・邑南町に住所があること(夫または妻の一方でも可能)
・医療保険各法の規定に基づく被保険者、又は被扶養者であること
・島根県特定不妊治療費助成事業により島根県知事から助成決定を受けた方

[申請できる人]

対象となるご夫婦

[申請期日]

治療の終了した日の属する月の末日から1年以内

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく